カウンター設計手順

カウンター設計の流れ

レイアウトの決定→カウンターサイズの決定(標準サイズ■ハイカウンターh 950 w 1500 / 1800■ローカウンターh 730 w 1200 / 1600)→天板の仕上げおよび色を選択(■メラミン化粧板ポストフォーム■メラミン化粧板木縁仕上げ■塩ビシート貼り)→巾木の寸法および材質を選択(■標準高さ 70(BC型) / 100(SO型)■塗装仕上げ■ステンレス ヘアーライン仕上げ)→サイドパネルのサイズおよび色を決定→お見積り・納期のご提示

サイズ詳細

各部名称および説明

サイドパネル (エンドパネル)

パネルの左右の区別は全てロビー側から見ます。

ハイロージョイントの場合はハイカウンターから見ます。

L字型セグメントパネルの場合は囲まれるカウンターから見ます。

 

カウンター

天板・構造体(メラミン焼付塗装で薄いグレーとなります)フロントパネル・巾木で構成されています。

 


オプション

配線孔

天板上の機器への通線孔を天板に加工します。

 

ロビー側手荷物置き棚

ハイカウンター用手荷物置き。

 


キックガード

フロントパネル下部にゴムを貼付足が当たった場合のショックを和らげます。主に車椅子対応型ローカウンターに用います。

 

ポスター掛け

ハイカウンターのフロントパネル部にB2サイズまでのポスターを掲示する。

 


卓上セグメント

天板上に設置する置き型のセグメント。

 

隔て板

サイドパネルやセグメントパネルに視線を遮りたいときに立てるアクリルの板。

 


脇扉

事務室側とロビー側を仕切ります。スイングドアと自動本締錠付脇扉との2種類あります。

 


用語の説明

塩ビシート

標準色は 環境対応型の リケンテクノス社製。別色対応は主に 住友3M社製 (他社指定も対応) で対応しています。

 

ポストフォーム

メラミン化粧板を2次線曲加工します。(3次曲線は出来ませんのでコーナー天板はポストフォーム出来ません)。

 


メラミン化粧板

天板には アイカ製 フロントパネルにはデコラニット製で対応しています。

 


 

 

 

各名称の説明図

標準タイプ

photo

photo


 

L字型セグメント

photo

photo